HOME >  ご存知ですか? >  柔道整復師の正しいかかり方

柔道整復師の正しいかかり方

接骨院・整骨院(柔道整復師)で、健康保険を使うことができる範囲が決められているのをご存知でしたか?
健康保険を使うことができるのは、次の場合に限られています。
正しいかかり方を守り、適正な保険給付にご協力ください。

柔道整復師とは ?

柔道整復師とは、厚生労働大臣免許のもとで骨折、脱臼、打撲、捻挫、挫傷(肉離れ)などに対して応急的ならびに医療補助的に回復の施術を行う者をいいます。したがって、柔道整復師は医師ではありません。また、柔道整復師は、骨折、脱臼の患部に医師の同意なしに施術をしてはならないとされています(ただし、応急手当の場合は医師の同意は不要です)。

健康保険を使うことができる範囲は限られています !

柔道整復師の施術に健康保険が使えるのは、医療機関に行って診療を受ける時間的余裕がない場合など、医療機関を選ぶことが難しい場合に限られています。また、健康保険を使うことができる範囲は次のとおり限られています。

柔道整復師にかかるときの注意事項 !

負傷原因を正確に伝えましょう。外傷性の負傷でない場合や負傷原因が仕事中や通勤途中などで労災保険に該当する場合は、健康保険は使えません。また、交通事故などに該当する場合は、健保組合に届出が必要です。
「ついでに他の部分も」や「家族に付き添ったついでに」といった「ついで」受療は、自己負担となります。
施術が長期にわたる場合は、内科的要因も考えられますので医療機関で医師の診断を受けましょう。
療養費支給申請書の負傷の原因、負傷名(傷病名)、受療日数(施術日数)、支払金額(自己負担額)をよく確認し、必ず自分で署名・捺印をしましょう。療養費支給申請書は、受療者が柔道整復師に健保組合への請求を委任するものです。白紙用紙にサインしたり、印鑑を渡してしまうのは間違いにつながる恐れがありますので絶対にやめましょう。
領収証は必ずもらい、内容等を記録しておきましょう。
ページの先頭へ