HOME >  保健事業 >  データヘルス計画

データヘルス計画

平成25年6月に政府が閣議決定!

平成25年6月に政府が閣議決定した「日本再興戦略」の中で、健康寿命の延伸に向けた仕組みづくりをテーマのひとつに掲げました。
それをうけて全国すべての健康保険組合は、平成27年度から「データヘルス」という新しい試みに取り組むことになりました。

国が推進する「データヘルス」って何?・・・ITデータを活用した健康維持・増進

「データヘルス」とは、健康保険組合が診療報酬明細書や健診結果などをデータ上で収集・分析し、加入者の皆さんに対する健康維持・増進活動を効率よく行うことをいいます。
平成20年度から始まった特定健診・特定保健指導の記録はデータで扱われており、また平成23年度以降の診療報酬明細書はほとんどが電算化されているため、これらを利用して行われることになります。
「レセプト」とよばれる、医療機関の診療記録や薬の処方記録のことです。

国が計画している「データヘルス」実施への流れ

まずは各健康保険組合が上記のスケジュールで開始します。その経過を見ながら国民健康保険や全国健康保険協会(協会けんぽ)、共済組合などが実施する予定です。

データヘルス計画の特徴

データヘルス計画は、PDCAサイクルに沿った事業運営を行います。レセプトや健診情報等を活用したデータ分析を行い、当組合の医療費の状況の把握、健康リスクの階層化、保健事業の効果が高い対象者の抽出などを行います。やみくもに事業を実施するのではなく、データを活用して科学的にアプローチすることで事業の実効性を高めていく。これがデータヘルス計画のねらいです。

加入者にはどんなメリットが?

健康の「情報提供」がオーダーメイド型に

加入者の皆さんは、一人ひとりの状況に応じた健康のアドバイスを当組合から受けることができるようになります。たとえば健診結果から見た特定の疾病への注意喚起や服薬状況の確認などの「情報提供」が細やかに受けられます。

健康保険組合が目指すもの・・・・・・

「データヘルス」の最大の目標は、取り組みによって加入者の皆さんに健康づくりの大切さをより深く知っていただくこと。当組合では、「データヘルス」に重点を置いた重症化予防と早期疾病予防に取り組みます。
ページの先頭へ