保険証の臓器提供意思表示欄

当組合の保険証裏面には臓器提供意思表示欄が設けてあります。臓器を提供する・提供しない、どちらの意思も尊重されます。
記入は任意ですので、意思表示の意義や記入できる項目をよく理解し、ご自身の責任でご判断ください。

臓器移植について

臓器移植とは、病気や事故によって臓器(心臓や肝臓など)が機能しなくなった方に、他の方の健康な臓器を移植して、機能を回復させるという医療です。健康な家族からの肝臓・腎臓などの部分提供による生体移植と亡くなられた方からの臓器提供による移植があります。

臓器提供について

臓器提供は、脳死後あるいは心臓が停止した死後にできます。
臓器提供には、ご本人とご家族の意思が必要です。

臓器提供に関する意思表示について

ご本人の意思がわからない場合、臓器を提供するかどうかは、ご家族で決めることになります。臓器提供について「公益社団法人日本臓器移植ネットワーク」のホームページなどでひとりひとりが十分理解し、家族と話し合い、「臓器を提供する」「提供しない」という自分の臓器提供に関する意思を表示しておきましょう。
「提供したい」という意思を書くのは15歳以上が有効ですが、「提供したくない」という意思は15歳未満でも有効です。意志はいつでも変更できます。

臓器提供意思表示欄の記入方法

STEP① 意志の選択

自分の意志に合う番号にひとつだけ〇をしてください。
a) 脳死後および心臓が停止した死後に臓器を提供してもいいと思われている方は、1に〇をしてください。
b) 脳死後での臓器提供はしたくないが、心臓が停止した死後は臓器を提供してもいいと思われている方は、2に〇をしてください。
(この場合、法律に基づく脳死判定を受けることはありません)
c) 臓器を提供したくないと思われている方は、3に〇をしてください。
STEP④】へ

STEP② 提供したくない臓器の選択

12に○をした方で、提供したくない臓器があれば、その臓器に×をつけてください。
なお、提供できる臓器は、それそれ以下のとおりです。
脳死後:心臓・肺・肝臓・腎臓・膵臓・小膓・眼球
心臓が停止した死後:腎臓・膵臓・眼球

STEP③ 特記欄への記載について

a) 組織の提供について
12に○をした方で、皮膚、心臓弁、血管、骨などの組織も堤供してもいい方は、「すべて」あるいは「皮膚」「心臓弁」「血管」「骨」などと記入できます。
b) 親族優先提供の意思について
親族優先提供の要件や留意事項を理解した上で「親族優先」と記入できます。

STEP④ 署名など

本人の署名および署名年月日を自筆で記入してください。
可能であれば、この意思表示欄に記入していることを知っている家族が、そのことの確認のために署名してください。

臓器移植に関する詳しい内容は・・・

臓器提供に関する詳しい内容は、公益社団法人 日本臓器移植ネットワークのホームページをご参照ください。