正しい受診で賢い患者になりましょう

自分や家族が病気になったとき、自分の望む医療を選択して治療を受けるためには、どのような心構えで受診すればよいでしょうか。
まず、ひとりひとりが「いのちの主人公」「からだの責任者」という自覚を持ち、そして医師とのコミュニケーションを大切にし「賢い患者」になりましょう。

医者にかかる10箇条 ~あなたが“いのちの主人公・からだの責任者”~

この「医者にかかる10箇条」はインフォームドコンセント(医師による説明と、患者の理解・選択にもとづく同意)を患者の側から普及することを願って作られたものです。

伝えたいことはメモして準備
対話の始まりはあいさつから
よりよい関係づくりはあなたにも責任が
自覚症状と病歴はあなたの伝える大切な情報
これからの見通しを聞きましょう
その後の変化も伝える努力を
大事なことはメモをとって確認
納得できないときは何度でも質問を
治療効果を上げるために、お互いに理解が必要
よく相談して治療方法を決めましょう

出典:医者にかかる10箇条(厚労省「患者から医師への質問内容・方法に関する研究」研究班発行)

どのように質問したら良い?

医師へ伝え忘れたり、尋ね忘れたりしたことや説明の内容がよく理解できずに困ったという経験はありませんか?
そこで、短い診察時間内に自分の伝えたいことを要領よくきちんと伝えられる準備をし、わからないことはあいまいにせず納得のいくまで質問をしましょう。
ここでは病院や薬局での具体的な質問内容を例示しました。受診の際にお役立てください。

検査

  • なぜ、検査の必要があるのですか。
  • どこを調べる検査ですか。
  • 検査はどのようなスケジュールで行われるのですか。
  • 検査でどのようなことがわかりますか。
  • どのような方法で行われるのですか。
  • その検査はどのような苦痛を伴いますか。
  • どのような危険がありますか。
  • この検直にかかる時間はどのくらいですか。
  • 検査でわかった私の病気はどんな具合ですか

治療

  • 治療期間中はどのようなスケジュールですか。
  • どのような治療ですか。
  • 治療中に何か制現されることはありますか。
  • どのような変化が期待できますか。
  • どのような危険がありますか。
  • その治療をうけないとどうなりますか。
  • 治療後、日常生活に変化が起きる可能性はありますか。
  • 治療後の回復にはどのくらいかかりますか。
  • ほかにどんな治療法がありますか。

  • 何という名前の薬ですか。
  • 何に効く薬ですか。
  • この薬を飲んでいて気をつける症状(副作用)は何ですか。
  • 変わった症状が出たときはどうすればいいですか。
  • ほかの薬や食べ物と一緒に飲んでもだいじょうぶですか。
  • いつまで飲めばいいですか。
  • この薬と効能が同じで安いものはありませんか。
  • 安い薬と比べてどのように効果が異なるのですか。

入院

  • 入院が必要な理由と目的を教えてください。
  • 入院中におこなわれるのは、どのような検査や治療ですか。
  • 入院中に外出や外泊はできますか。
  • 予想される入院期間はどのくらいですか。
  • 退院後の生活はどのようにするのですか。
  • かかりつけ医を紹介してください。

その他

  • 病気の原因は何ですか。
  • 今回の病気はもともと持っている病気と関係がありますか。
  • 日常生活で気をつけることは何でしょうか。
  • (それぞれの場面で)費用はどのくらいかかりますか。