HOME >  トピックス >  医療費を減らす決め手は?

医療費を減らす決め手は?

医療費を減らす決め手は…健診です!

定期的に年に一度は必ず受診することにより、自分のいまの健康状態をしっかり把握しましょう。もし生活習慣病にかかっていても、健診により早期に発見し、生活習慣を改め、薬などで治療すれば、重症化せず医療費の節約もできます。しかし、健診を受診しないで、病気を重症化させてしまうと、下表のように多額の医療費がかかってしまうこともあります。
自覚症状がない、仕事が忙しい、健康には自信があるなどの理由で健診を後回しにしないで、必ず受診しましょう。

生活習慣病の重症化による医療費

病名 1人当たり年間医療費 入院日数
心筋梗塞 195万円 17.9日
脳梗塞 112万円 35.5日
脳出血 178万円 46.2日
糖尿病合併症(腎不全の場合) 540万円 156日
(通院日数)
糖尿病合併症は、腎不全による人工透析の場合を想定し、月額45万円として年間医療費を試算。通院日数については週3回の通院×52週として試算。
東京都保険者協議会:医療費分析部会「医療費の分析とその活用」より引用。
ページの先頭へ