HOME >  保健事業 >  生活習慣病予防健診

生活習慣病予防健診

健康診断

当組合では疾病予防対策として年度に1回、以下の健診を実施しています。
1 生活習慣病予防健診(定期健診) 被保険者・被扶養者(全員)
2 特定健康診査・特定保健指導 40歳以上の被保険者・被扶養者
3 婦人生活習慣病予防健診 女性で子宮、乳房検査を希望する方
4 人間ドック 40歳以上の被保険者・被扶養者(希望者)
年齢は年度年齢です。
2と3の健診は、1の健診内容も合わせて実施いたします。
1から3の健診は、5月から7月に文書を送付し、募集いたします。
健診実施年度の4月1日以降に被扶養者になられた方、40歳未満の妻以外の被扶養者の方が健診を希望される場合は、当組合に連絡してください。
人間ドックについては、立替払い制度の要領で受診してください。

立替払い制度

上記の健診で、指定医療機関の場所や対象者の勤務の都合上、当組合が用意した健診機関で健診を受診することができない場合は、契約外の医療機関で健診を受診することができます。

手続き
立替払い制度

ご自身で任意の医療機関で受診し、費用支払後に下記申請書「健康診断立替払申請書・標準的な質問票」に必要事項を記入し、健診結果のコピーと領収書原本を添付して当組合に請求してください。

立替払い補助金限度額一覧

健診種類 補助金限度額 二次検査
生活習慣病予防健診
35歳未満
労働安全衛生法に基づく項目を目安に 14,000円 二次検査の指示があった項目について実施した検査のみ補助あり
(肝炎ウイルス検査を除く)
生活習慣病予防健診
35歳以上および
特定健康診査
労働安全衛生法に基づく項目に胃部X線、便潜血検査を目安に 30,000円 二次検査の指示があった項目について実施した検査のみ補助あり
(肝炎ウイルス検査を除く)
婦人生活習慣病
予防健診
上記項目に乳房、子宮検査を含めてうけた場合 37,000円 二次検査の指示があった項目について実施した検査のみ補助あり
(子宮、乳房検査を除く)
人間ドック 40歳以上 50,000円 補助なし
保険診療で対応

その他

肝炎ウイルス検査 この検査をうけたことがない対象者で希望がある場合は、健診時にB型肝炎ウイルス、C型肝炎ウイルスの検査を追加して実施することができます。
この項目については、二次検査の補助はありませんので、保険診療でご対応ください。
二次検査 再検査、精密検査等二次検査が必要な場合は、二次検査を実施しています。
健診を受診した医療機関で二次検査を受診された場合は、当組合が費用を負担いたします。ただし、人間ドック、肝炎ウイルス検査、子宮・乳房検査を除く。
ページの先頭へ